VVFストリッパー

2014-03-24

電気工事士の技能試験をスムーズに進めるにはVVFストリッパーは必需品です。
第二種電気工事士の技能試験の指定工具7点には入っていませんが、試験で使用することは可能です。

指定工具内訳
①圧着工具(JIS適合品で黄色グリップのもの、リングスリーブ用)
②電工ナイフ
③ウォーターポンププライヤー
④ドライバー(プラス +No,2)
⑤ドライバー(マイナス -5.5)
⑥ペンチ
⑦スケール(布尺)

指定工具のみで技能試験をこなすとなるとVVFケーブルの外線被覆剥きはカッターとペンチを使うしかありません。これはかなり大変で経験のある電気工事士でなければ試験時間内で作業を終わらせることはできないでしょう。

では、VVFストリッパーの選び方ですが、一度の動作(ケーブルを挟んで握り締める)で外線被覆が自動で剥けるタイプのものは切り口がキレイでないことと微調整が効かないため、電気工事士の試験には向かないでしょう。次は手動で被覆を引き剥くタイプ。HOZANというメーカーのVVFストリッパー(P-957)は切れ味抜群で切り口もキレイです。内線被服を傷つけることもありません。ストリッパーの精度がいいのか、日本のVVFケーブルの精度がいいのかというレベルの話ですね。内線被覆剥きも2本同時にできますし、端子に接続するための、のの字曲げ加工もできてしましいます。
まさに電気工事士試験のために作られた最強のストリッパーということができますね。これがあれば電気工事士技能試験は楽々こなすことができるのです。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.