電気工事士技能試験の講習を申し込むタイミングは?

2015-08-09

第二種電気工事士技能試験の講習を申し込むタイミングについての質問がありましたので回答しました。筆記試験の合格発表を待ってからでは何かと不利になることがありますので注意しましょう。第二種電気工事士技能試験の講習を申し込むためのベストなタイミングとは?

電気工事士2種の資格を取るため初めて受験する者です。

今年度の下期に受ける予定なのですが、初心者の為
独学のみではなく講義を受けようと思っています。
技能講習は必ず受けたいと考えていますが、講習を申し込むのは
筆記試験の合否がわかってからでも間に合いますか?
それとも今から申し込むべきなのでしょうか?

こちらにこのような質問をさせていただいて良いのか
分かり兼ねますが、アドバイスをいただけたらと思います。

よろしくお願いします。

【回答】

平成27年度の下期の筆記試験日は10/3(土)です。筆記試験の合格発表は約一が月後なのでおそらく11/2(月)が発表日でしょう。

技能試験日は12/5(土)

技能試験のまで約一ヶ月しかありません。講習が11月の最初の週で講習に申込みできれば技能試験の準備なんとかなるでしょうが、まず講習の予約が取れませんよ。

ベストな方法は筆記試験の翌々日(10/5月)に(財)電気技術者試験センターのホームページより解答が出ますので答え合わせをしてください。

それには試験当日に問題用紙を持ち帰る必要があります。試験の当日の試験終了時まで試験会場の席にいる人のみ問題用紙を持ち帰ることができます。

試験時間が終了する前に退席する場合は問題用紙は持ち帰ることはできません。

その問題用紙で答え合わせをして60点以上であれば必ず合格できますので10/5(月)に講習の申し込みをしましょう。

筆記試験に絶対合格する意気込みであれば今から講習を申し込んでもいいと思います。

いずれにせよ筆記試験の合格発表が出てからでは時間的にも講習の申し込みでも不利になることは間違いないです。

以上

実際に第二種電気工事士の技能試験の準備は一ヶ月間では厳しいと思います。余裕を持って行動しましょう。

第二種電気工事士技能試験の進め方

1)複線図の描き方をマスターする
2)電線の加工をマスターする
3)電線の接続をマスターする
4)電線の圧着をマスターする
5)重大欠陥と軽微な欠陥をマスターする


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.