電気工事士試験、時間がない!時間3倍増加方法


勉強時間をラクラク3倍にする方法

自信ない電気工事士試験を攻略するためには時間の使い方がとても大切です。電気工事士試験のための時間を作れずに、自信を持つことができないと思う気持ちはよくわかります。

仕事が忙しい中、勉強に時間を割くことは難しいことでしょう。しかし、時間は作り出すことが可能なのです。本当に電気工事士試験に当てる時間はないのでしょうか?

幸いなことに上手な時間の使い方、つくり方を理解すれば電気工事士の試験は合格できるのです。時間の使い方が正しくなければ電気工事士の試験をはじめ多くの国家資格の合格はとおのいてしまいます。

ではどういう方法で時間を作れば電気工事士の試験を突破できるのでしょうか?
自由に時間を増やすことができれば良いのですが、1日は24時間と決まっているので、そうは簡単に増やすことはできません。限られた時間をどのように有効に使うかがポイントになります。やりたいことがあるのに、いつの間にか時間が過ぎていて、できなかったということも多いですよね。

誰にでも平等に与えられた24時間。

時間を上手に使えるようになれば、夢が叶うまでのスピードもぐんと早まります。

しかし、自由に使える時間を増やすために睡眠時間を削っては、かえって健康に悪く、病気になってしまえばその分、自由に使える時間が減ってしまうことになります。そこで、自由に使える時間を増やすために最初に着手することは、「ムダな時間を減らす」ことです。

時間1日の生活の中で、意識しないでムダに使っている時間があるのではないしょうでしょうか。何となく見ているテレビ、ネットサーフィンなど。ムダに使っている時間に気づき、生活パターンを改めることで、人生の中で使える時間は格段に増えます。

時間を別の目的に置き換えることも有効です。例えば、通勤時間の活用などがそれに該当します。会社に行くための電車に乗っている移動時間を資格取得の勉強時間に置き換えます。

目標達成までの日数で日割り計算して、1日あたりどれくらいやればよいかを計算し、目標とする方法は、コツコツ仕事をこなせる人がよくやる上手な方法です。

電気工事士試験を受けるにあたって時間の使い方は切ってもきれないほど大事なものなのです。時間を上手く使うことが合格への突破口であり近道でもあるのです。電気工事士試験の合格が頭の中でなんとなくイメージできて
多少、自信が出てくるのではないでしょうか?

目標意識を持つ

やる気目標なんて考えたことがないという方をたまに見かけます。目標は人に力を与えてくれるもの。目標を持つ意識のある人とない人では人生は大きく変化します。

何のために試験を受けようと思ったのか?きっと最初に試験を受けると決めたときに、合格した自分を描き、絶対に合格しよう思ったことでしょう。そして合格後の活躍を想像されたのではないでしょうか?初心忘るべからずですね。

ただ何となくやるだけでは、人は意欲がわかないもの。だからこそ、何か目的意識を持って取り組むことが大切なのです。ましてや、勉強という多少なりとも苦難を伴うことであれば、なおさらですね。目標意識、それはもちろん合格です。合格した自分を想像し行動を起こしましょう。

合格という目標を据えることで時間の使い方も変わってきます。目標に向けての行動が必要になるために時間配分も意識できるようになってきます。

人は目標を持つことで向上心が生まれ、それに向かって行動しようとパワーが出てきます。目標を持つことと持たないことでは発揮できるパワーが全然違ってくるのです。

目標意識自分の好きな事をしていて夢中になり、時間が経つのを忘れていた。こんな経験ありますよね。

夢中になっていた時間はとても楽しくて、時が経つのを忘れていたのではないでしょうか?これと同様に試験に合格するという目標を強く持つことで達成できるまでの道のりを、楽しいという気持ちに変えることが出来るのです。実は目標を達成することで、それまでの道のりは楽しい状態にすることができるのです。

これはパラダイムシフトと呼ばれ、何か大きな目標を達成するには必要なものでありますが、多くの人が経験できるものではないようです。

例えば大きな事業に向けて躍進する起業家、東大合格を目指している受験生、オリンピックで金メダルを目標にしているスポーツ選手等、大きな夢に向けての行動を日々楽しんでいるそうです。目標に向けての行動が楽しくてしょうがないという状態です。

試験の合格という目標を達成するにもパラダイムシフトが起こる可能性は十分にあります。この領域に入ることはできれば試験勉強を楽しくすることができ、合格はぐっと近づくことでしょう。目標って人にとてつもないパワーをもたらしてくれるものなのです。

行動をゴールにつなぐ

ゴール私たちは軽快に、そして心地よく行動できるときがあります。その一方で、やらなくてはいけないのになかなか行動できない。やろうやろうと思いつつ、後回しにしてしまう。やってはいるが重苦しいというように、行動に重さが伴うときがあります。

そんなとき、私たちはなんとか行動を起こそうとして
・どうしたらいいか
・どんな風にしたらいいか
・何をしたらいいか
と、やるべき「行動」について自問自答しがちです。しかし、こうしたことが、行動をさらに重いものにしてしまっている可能性があるのです。

実は行動を起こすためには、「行動」そのもの以上に目を向けるべきことがあります。それを無視してやるべき「行動」ばかりに目を向けると、ますます「義務感」や「脅迫感」に追い立てられるようになります。

そんなとき、ぜひ試してほしい方法があります。
ゴールに立ち戻ること。
「最高のサービスを提供する」
「過去最高の営業成績を上げる」
「資格試験に合格しステージを上げる」
おそらく今取り組んでいる行動にはその元になる「ゴール」があったはずです。
そうした「ゴール」はそれ自体が、私たちのエネルギー源となります。

しかし、ゴール達成を目指す過程で、私たちはいつのまにかそのための「行動」や「試行錯誤」に埋もれてしまうことがあります。こんなときは元の「ゴール」をすっかり忘れていたりします。
スタートそういうときこそ、「そもそも何のためにこれに取り組んでいるのか?」「この行動は未来の何につながるのか?」ともう一度「ゴール」に目を向けるような質問を自分にしてみてください。

同じ行動をするにしても、目を向けているのが「未来(ゴール)」か「現在(目の前の行動)」かによって軽やかさはぐっと変わってくるはずです。

そして行動を計画していきます。未来(ゴール)に向けての行動と現在(目の前の行動)に向けての行動を考えます。
当然、現在(目の前の行動)に向けての行動の1つ1つの延長線上に未来(ゴール)に向けての行動があります。

最終的な目標は電気工事士試験の時間を攻略し、合格という未来(ゴール)の目標を達成することです。
初心に返りあらたな気持ちで試験に向きあいましょう。

成功というゴールはもう目の前に来ている気がしませんか?合格に向かっていいスタートを切るためには、あとはあなたが行動するかにかどうかにかっているのです。

行動を計画して少しずつ実行していくことで自信も少しずつ大きくなりやがて確信となり得ます。
ですから最初のひとつの小さな行動が成功のきっかけとなり、徐々に大きくなりゴールにつながっていくのです。

マーク 第二種電気工事士筆記試験の対策なら

メール講座筆記

「筆記試験メール講座」

選択して下さい

登録 解除

メールアドレス

マーク 第二種電気工事士技能試験の対策なら

メール講座

「技能試験メール講座」

選択して下さい

登録 解除

メールアドレス


マーク 電気工事士 試験・コラム

Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.