電気工事士筆記試験合格のキーポイント・まとめ


第二種電気工事士の筆記試験の合格のキーポイントは、受験者の多くが苦手とする計算問題を攻略することです。電気工事に従事する上で必ず必要ではありませんが、電気に関わる人として電気理論を理解しておくべきではないでしょうか?しかも計算問題を理解しておけば合格の可能性は格段に上がるのです。
ポイント

マーク 電気工事士筆記試験を有利に進めるには

電気工事士筆記試験!「計算問題」を理解しておこう

第二種電気工事士の筆記試験をこれから受験される人に対し、試験に合格し免状を取得された人の中には「筆記試験の計算問題は捨てろ!」とアドバイスをする人がたくさんいます。むずかい計算問題は捨てても、他の暗記問題に集中すれば合格できるという理屈です。ほんとに計算問題は捨てるべきなのでしょうか?

出展:資格サポート協会:第二種電気工事士筆記試験!計算問題は本当に捨てるべきか?

このサイトは2008年に私が第二種電気工事士 筆記試験合格を目指したときの勉強ノートをまとめたものです。このノートを使って,皆様も第二種電気工事士 筆記試験を目指して下さい。ちなみに私は2008年の第二種電気工事士 筆記試験に合格,さらに技能試験にも合格し,第二種電気工事士の免状を手にしました。

出展:第二種電気工事士 筆記試験|私のノート

第二種電気工事士試験には筆記試験と技能試験があり、筆記試験に合格すると技能試験を受験する資格が得られ、筆記試験と技能試験の両方に合格すると第二種電気工事士試験合格となります。したがって、まず初めに筆記試験に合格することが第二種電気工事士試験合格への第一関門になり、筆記試験の内容は次のようになっています。

出展:電気の資格とお勉強:第二種電気工事士筆記試験のおすすめ勉強方法

マーク 電気工事士筆記試験に絶対に必要なもの

電気工事士筆記試験!「過去問」を攻略しよう

第二種電気工事士の筆記試験の最大の攻略ポイントは過去問をこなすことです。過去問には合格するための術がたくさん詰まっています。過去問をこなしていくと徐々に自信がついてきますし、合格に近づいていくことが実感できるでしょう。

出展:資格サポート協会:第二種電気工事士筆記試験・過去問

年度ごとにクイズ形式で出題します。リアルタイムに○×の判定をするので緊張感を持って勉強ができます。間違えた問題のみを出題する復習機能で苦手な部分を克服することができます!

出展:過去問クイズ:第二種電気工事士 過去問で勉強しよう!

電気工事士とは、住宅や工場などの電気工事を行うために必要な国家資格です。電気工事士試験は誰でも受験できる国家試験です。第一種電気工事士と第二種電気工事士があり、どちらも筆記試験に合格すると実技試験を受験することができます。

出展:かずわん先生の電気工事士技能試験教室

マーク 第二種電気工事士筆記試験の対策なら

筆記試験お試し版PDF

第二種電気工事士筆記試験 苦手な計算問題を克服し独学で合格する『たった9つのコツ』

無料お試し版ダウンロード

講座

第二種電気工事士筆記試験対策はコチラ


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.