あなたが電気工事士試験に合格できない理由

2014-10-17

DENKI-H26-2 第二種電気工事士 技能検定材料キット

新品価格
¥13,824から
(2014/10/16 23:39時点)

あなたが電気工事士試験に合格できない理由。それは、ズバリ、あなたが合格できるレベルに達していないからです。合格できるレベルに達していないのに試験日を迎えてしまうのです。

完全に準備不足が原因ですね。準備が出来ていないのに、気付けば試験の前日だったという人は意外に多いのです。準備が十分できてないことが引き起こす「タイムオーバー」、「時間切れ」これが合格できない人の最大の要因なのです。

といっても、時間が十分にあれば合格できるのでしょうか?時間が十分にあってもその時間を有効に使うことができなければ、結果は同じです。

では、なぜ準備が進められないのでしょうか?その理由は大体決まっています。

①仕事が忙しい。

②時間がない。

③そのうち準備しようと思っている。

④やる気が出ない。

⑤やり方がわからない。

そうこうしているうちに「タイムオーバー」、「時間切れ」がやってきてしますのです。

結局はできない理由を探し、試験準備という現実から逃れているだけであります。合格できないのは自分のせいでなく周りの環境であったりと他に責任を押し付けてしまうのです。

仕事が忙しい

仕事が忙しいことは多くの受験者に共通する問題です。しかし、仕事が急がしくても合格している人は山ほどいます。あなただけ特に忙しいとは思えません。

合格できない理由にはならないのではないでしょうか?考え方を変える必要があるかもしれませんね。どんなに仕事が忙しくても合格できることに価値があるのではないでしょうか?

時間がない

皆さんに平等に与えられている1日24時間。あなただけ時間が少ないわけではありません。いかに時間をうまく使うか?又は時間を無駄にしない方法を検討しましょう。無駄な時間を費やしていませんか?時間は作り出すものなのです。

そのうち準備しようと思っている

あなたが言う「そのうち」はいつまでまっても訪れることはありません。そういっているうちにどんどん時間は過ぎて行きます。進んで行動するべきでしょう。行動しなければ何も始まりませんよね。

やる気が出ない

やる気が出ないこともありますよね。しかし、それは一時的なもの。2週間も3週間もやる気が出ないことはないのではないでしょうか。

やる気が出ない時は、目先の小さな目標を達成することを考えてみてください。小さな目標を達成することで、徐々に大きな目標に向かってやる気が湧いてくるのです。

やり方がわからない

難しく考えることはありません。筆記試験で重要なことは過去問を繰り返し解くことです。技能試験では複線図の描き方と実技のスピードです。

重要なのは「慣れ」です。できることから少しでも進めてみましょう。進めることで自分なりのやり方が分かってくると思います。行動あるのみですね。

できない理由

人はできないと思うとできない理由を上手く探します。そして、恐ろしいことに、その理由に自分自信を納得させてしまうのです。その結果、合格できなくてもしょうがないと思ってしまいます。

できない理由を探すより、どうすればできるかを考えてみましょう。できない理由を探し何も行動しないよりも、どうすれば解決できるのかを考えることのほうが時間を有意義に使うことが出来るのです。

やりたいことができないときは

「いつかやりたい」、「時間ができたらやりたい」、「長期的に少しずつやっていきたい」と思うことがあってもほとんど進めることができずに逆にストレスとなってしまう。こんな状況では目標を区切って考えることが大切です。

電気工事士試験のように1カ月単位の目標を達成しようとするとき、漠然と合格するということを目標とするのではなく、目標をいくつかに区切って、一つひとつ達成していくことも可能です。

小さな目標を達成していく課程で、最終的に合格という大きな目標を達成できればいいのです。目標を区切ることで達成しやすくなり、少しずつ達成していくことでモチベーションも上がり維持できるのです。

例えば、筆記試験の計算問題を理解するとか、図記号を覚えるとか、といった具合です。できることが増えると更にできることを増やしたくなりますよね。そんな相乗効果がうまれてくれば、目標達成は目の前の前です。きっと結果はついてくることでしょう。

タイムオーバーとなる前に

電気工事士試験に合格できない要因を理解頂けたでしょうか。十分な準備が出来ていに状態で試験を受けても合格することはできません。試験に合格した人は、しっかり準備をした人です。

仮に十分な準備が出来ていなかったら合格することはなかったのです。合格した人でさえしっかりした準備があったからこそ、壁を乗り越えることができたのです。

あなたもしっかり準備することができれば合格できるのです。大切なのは日々の勉強の積み重ね。コツコツと積み上げる事がいずれ、大きな成果をもたらすのです。「継続は力なり」です。

幸い、第二種電気工事士試験は準備をしっかり行なっておけば、必ず合格できる試験ということも、また事実なのです。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.