第二種電気工事士技能試験の練習は何回やるべきか?

2016-07-10

第二種電気工事士の技能試験の候補問題の練習は各何回くらいやればいい?という質問を多く受けます。技能試験の候補問題は全13問あり、どれが出るかはわかりません。ですので13回分を一通り練習する必要があります。

技能試験の合格者に聞いた練習回数は少ない方で全13問を1回未満ですが、全13問を3回やられている方も多くいます。もちろん個人差はあると思いますが、多くの受験者は全13問を2回分練習することで自信が付いている人が多いようです。しかし、いったい何度やればいいのでしょうか?

マーク 第二種電気工事士技能試験は時間勝負

第二種電気工事士技能試験の練習は何回やるべきか?

第二種電気工事士の技能試験の試験時間は40分。最終確認と手直しを考慮すると30分位で作業は終わっておきたいところです。となると30分で候補問題が完成できるように練習しなければなりません。

全候補問題を2回ずつ練習しておけば30分位で完成することができるでしょう。ということで個人差はあるにせよ、技能試験の練習は候補問題全13問を2回は練習する必要があるでしょう。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.