電気工事士試験にラクラク合格できる人の行動!

2014-12-04

電気工事士の試験にラクラク合格する人とギリギリ不合格となる人がいます。その差はいったいなんでしょう。それは電気工事士試験に合格できるための行動ができているかどうかなのです。逆にギリギリ不合格となる人はどうでしょう。試験に受かるための行動をしてはいるものの受かるレベルになる前に試験の日を迎えてしまうのです。そして結果が出てから『もっと練習(もしくは勉強)しておけばよかった』と後悔することになるのです。

マーク 電気工事士試験!合格曲線

電気工事士なら!「合格曲線」を理解しておこう

試験グラフ
上の図は私が考える電気工事士合格曲線です。
 
 青曲線:ラクラク受かる人
 緑曲線:不合格の人

受かるラインに達するレベルは人それぞれでしょうが、仮に一定の基準ラインがあるとして考えていきましょう。
ラクラク受かる人は試験前早々に基準ラインに達しています。そして余裕を残して確実に受かるレベルをキープしています。それに対し不合格の人はの出足が遅く、ギリギリになって練習(もしくは勉強)をしますがそれが不足しているために受かるレベルに達する前に試験の日を迎えてしまうのです。しかも時間さえあれば受かることが出来たにも関わらずです。後から後悔したろころで現実逃避はできませんよね。

マーク 電気工事士試験に合格する考え方

電気工事士なら!「合格する考え方」を身につけよう

ひまわり
電気工事士の試験の合格をなぜ目指すのか?人それぞれ目的があります。その目的を達成するにはプランが必要ですね。そのプランを行うには行動が必要です。受からなくていいのならば行動は必要ありませんが、受かるという目的を達成するには行動が必要なのです。

ひまわりの花に例えるなら受かる人はたくさん種をまく人です。毎日毎日水をやり、やがてその種が成長したくさんの立派なひまわりになるのです。不合格の人は種をまかない人です。種をまかずしてひまわりの花が咲くはずがありませんよね。

お米に例えるなら受かる人は苗を植える人です。春に苗を植え、田んぼが干からびないように水を引き秋に稲を収穫します。不合格の人は秋になってから苗を植えすぐに稲を収穫しようとしていることと変わりはないのです。達成できないのです

試験の練習(もしくは勉強)が種や苗であり、それは行動です。ひまわりの花や稲がその成果であり目的ですね。『目的は何か』を強く認識することでそのためには何をするべきなのかを考えます。そうすることで行動が明確になるのです。電気工事士の試験の合格は行動することにより目的が達成できるのです。逆にいうならば行動しないことには目的は達成できないのです。

みなさんは種をまく人ですか?それとも種はまかずに収穫を待つ人ですか?全てはみなさんの行動次第ですよね。

マーク 電気工事士試験に合格するのは難しい?

電気工事士!「合格する行動」を身につけよう

第二種電気工事士試験の合格は難しいことはありません。技能試験にしても筆記試験にしても、しっかりとした準備が出来ていれば必ず受かることのできる試験なのです。その準備が出来るかどうかはあなた次第なのです。

試験を受ける目的はなんなのか?目的を達成することの優先順位はどうでしょう?あなたの中での試験の優先順位が高ければ受かる確率も高くなるのではないでしょうか。資格の必要性があなたの準備の進み具合に関わってくるのです。必要性が高ければ試験に対する意識も高くなり行動することが出来やすくなるのです。ちょっとつまずいているなと感じたならば少し意識を変えてみることも大切かもしれません。常に考え修正していくことは必要なことですね。

マーク 電気工事士試験にラクラク合格できる人

電気工事士!「合格する行動」を身につけよう

電気工事士試験に合格できる人とは資格に対する優先順位を高く持ち、そのために時間を作れる人です。そして行動できる人です。その結果が前述のひまわりの花であり、稲になるのです。種をまくことや苗を植えることは行動することにあたります。種をまかなければひまわりの花は咲くことはないのです。みなさんはもちろん種をまく人ですよね。種をまかずにいつまで待っていても、なにも起こることはないのです。

ギリギリ受かる人とギリギリ不合格の人は紙一重です。

理想は順番に、ギリギリ不合格 < ギリギリ受かる < ラクラク受かる

ですが、それぞれの間には大きな壁が存在しているのです。皆さんはその壁を行動することで乗り越えてラクラク受かる状態にまで到達して欲しいと思います。ギリギリ受かる人とギリギリ不合格、この間で勝負しては言うまでもなく勝算は少なくなるのです。目指すべきは『ラクラク受かる』です。そうすることで自然と自信がついてくるのです。

電気工事士試験にラクラク合格できる人とは目的が明確で目的を達成するために行動できる人であり、そのために時間や労力を未来に投資できる人なのです。試験や資格だけに限ったことでなく、全ての物事に共通することでもあることでしょう。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.