第二種電気工事士試験


第二種電気工事士の資格と仕事とは

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。その資格のある人を電気工事士といいます。

電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法によって一定範囲の電気工作物について電気工事の作業に従事する者の資格が定められております。電気工事士の資格には、免状の種類により第一種電気工事士と第二種電気工事士があり第一種電気工事士にあっては一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500キロワット未満の需要設備に限る)の、第二種電気工事士にあっては一般用電気工作物の作業に従事することができます。

簡単にいうと600V以下の低圧で受電するマンション、戸建て住宅、小さなお店、小さな事務所等の配線工事、電気工作物設置工事等は第二種電気工事士の資格で作業ができ、それ以上は第一種電気工事士の資格が必要ということです。

第二種電気工事士が従事できる業務

一般用電気工作物(住宅、小規模な店舗等の電気設備)の電気工事の作業に従事することができます。
自家用電気工作物で最大電力100キロワット未満の需要設備を有する事業場(工場、ビル等)を設置する事業者が主任技術者を選任する際に、産業保安監督部長等の許可を受ければ、電気主任技術者の免状がなくても主任技術者となることができます。

第二種電気工事士 出題範囲

筆記試験
 
(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
(4)電気工事の施工方法
(5)一般用電気工作物の検査方法
(6)配線図
(7)一般用電気工作物の保安に関する法令

解答方式はマークシートに記入する四肢択一方式

技能試験

(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器及び配線器具の設置
(4)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
(8)一般用電気工作物の検査
(9)一般用電気工作物の故障箇所の修理

試験は、持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法です。

試験合格までの流れはコチラ

マーク 第二種電気工事士筆記試験の対策なら

メール講座
申し込み

マーク 第二種電気工事士技能試験の対策なら

メール講座
申し込み


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.