電気工事士難易度は敵か味方か!自信MAX方法


電気工事士の難易度を把握する
平成25年度、第二種電気工事士、上期合格率49.2%、下期合格率41.0%

電気工事士の難易度を把握することは国家試験を攻略するためにはとても大切です。試験に対する基準や目標、必要勉強時間や達成感に関わってくるからです。

ではどういう方法で電気工事士の難易度を把握し攻略すれば試験を突破できるのでしょうか?

受験者数

先ずは受験者数に注目してみましょう。平成21年を境に受験者数が増加してます。
理由はコンプライアンスで資格を重視する会社が増えたため、と思われます。

次は合格率について。

合格率

筆記試験の過去5年の合格率は60.5%、過去10年は59.9%、過去30年は55.6%です。
技能試験の過去5年の合格率は69.0%、過去10年は59.1%、過去30年は55.0%です。

結果として最近の方が合格しやすくなっているということが言えます。
筆記試験に合格した人が技能試験に進むためトータルの合格率は(筆記試験の合格率)×(技能試験の合格率)となります。
過去5年の平均トータル合格率は41.8%、過去10年では35.4%、過去30年では30.6%となります。

つまり最近(過去5年)の筆記試験及び技能試験の両方に合格した人は10人中4人程度でありと意外と低いのです。(技能試験受験者には前年後の筆記試験合格者を含みます。)
こうして電気工事士の難易度を把握することで目標が明確になり結果として自信につながるのです。

不安
試験を受けるにあたり、自信がもてないという気持ちはよくわかります。仕事が忙しい中、勉強に時間を割くことは簡単なことではありません。しかし、自信は自分で高めていくものなのです。本当に自信がないのでしょうか?

幸いなことに電気工事士の難易度を把握し自信のつけ方を理解すれば試験は合格できるのです。正しく把握しなければ多くの国家試験の合格はとうのいてしまいます。

電気工事士の難易度を確認したうえで取得を検討したいという方もいらっしゃると思います。それぞれの資格の合格率だけで電気工事士の難易度を比較判定することはできません。他の資格も同様です。

実際は、その試験の内容自体に関わる難しさ(問題の難解さ・量、試験対象の範囲、試験方法等)がモノを言うからです。各資格を比較するための明確な基準はありませんが、電気工事士資格予備校などでは難易度を基準に合格に必要な標準的な勉強時間などから測っているようです。

時間を有効に使うことで自信につなげる

工場1日は24時間。限られた時間をどのように有効に使い、
自信につなげていくかを考えてみましょう。
時間を有効に使えるようになれば、その分、気持ちに余裕がうまれ、自信がもてます。

結果として夢が叶うまでのスピードも早まります。
そこで課題となるのが「ムダな時間を減らす」ことです。

1日の生活の中で、意識しないでムダに使っている時間がを洗い出すことから始めましょう。
普段、何となく見ているテレビで2、3時間はあっという間に過ぎてしまいます。ニュース番組やスポーツニュースをひと晩のうちに何度も繰り返し見ていませんか?時間泥棒の最たるものはテレビではないでしょうか。

ムダな時間に気づき、生活パターンを改めることで、人生の中で使える時間は格段に増やすことができます。一日の時間は増やせませんが、ムダな時間を減らすことで、一日の時間を増やした事と同じ時間の効果があることはご理解いただけることでしょう。

時間を別の目的に置き換えることも有効です。会社に行くための電車に乗っている移動時間を資格取得の勉強に置き換えます。
時間を有効に使ういい手段は様々なところに隠れているのです。

自信がない人と自信がある人の違いとはなんでしょうか?パソコン
自信のない人の特徴は自分にできないことをやろうとして、それをすることで自信につなげようとします。

自信がある人は自分に出来ること、得意なことを伸ばそうとします。それがさらなる自信につながります。
どんなに挫折したとしても成功した過去を思い出し再び成功できると自分を信じているのです。
過去の成功パターンを今に置き換え行動することができるのです。

一流の人は常に向上心を持っています。そして最高の自分になるために最善を尽くし練習や実践を繰り返すのです。

例えば、一流のプロスポーツ選手はシーズンオフでも練習します。世間一般的には自主トレと呼びますが、実際は成功体験なのです。成功体験を繰り返すことで技術を向上させ、自信を維持するだけでなく、上積みしているのです。

たとえ失敗したとしても単なる失敗で終わらせないのが一流の人の考え方です。「高校時代は代表チームの選考から漏れた。9000本のシュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功した。」

これはマイケル・ジョーダンの言葉です。

意外かもしれませんが、多くの失敗があったからこそ、成功できたできた、ということですよね。

あなたの自信をMAXにする方法

夢や目標にはなかなか届かない、と不安になり落ち込み、自信をもつ自信をなくすことがあります。でも、夢までの道のりは時間や労力に比例して上がっていくとは限りません。

多くの場合、成功度が上がる前にあきらめてしまいがちなんです。ずっと成果が出ない時間があり、ある時を境に成功度合いは一気に上がってくるのです。

これを成功曲線と言います。

これを知らずに成功度が上がってくる前にあきらめてしまっては成功できるものも、できなくなってしまします。成果が出ない時間は下積みとなり決して無駄ではないのです。むしろ成功には必要なものと思えませんか。なかなか結果が表れないときも、もうひとふんばりしてみましょう。

まずは、好きな事から取り組むことで、「自分はできるんだ」「今まで頑張ってきたんだ」という自信をつけることが大切です。苦手な分野を克服しようとしたり、難しい問題にチャレンジしたりする人がいますが、むしろ、自信喪失につながり、返って、逆効果の場合もあります。

道あれもこれも欲張らずに、今できることを着実にやっていくことが大切です。実際にできることは何かと考えることで、行動が起こりやすくなります。

行動計画を持てば取り組みやすくなり、やり終わったときに達成感があります。達成感を多く持てば、前向きな気持ちとなり自信が湧いてきます。

自信を持つことで、さらに前進できる可能性が生まれてくるのです。自信を持つことはいいことばかりありそうですね。自信過剰は悪い意味で使いますが、自信がないより、ありすぎるくらいでいいのではないでしょうか。

最終的な目標は電気工事士試験の難易度を把握し合格という目標を達成することです。初心に返りあらたな気持ちで試験に向き会いましょう。

試験に対し自信が持てる状態であれば、成功はすぐ目の前に来ている気がしませんか?
合格に向かっていいスタートを切るためには、あなたが行動するかにかどうかにかっているのです。

その行動の積み重ねがだんだんと大きな自信となっていくのです。自信を持つとやる気が出てきます。そして目標を達成しようとしてがんばることができるのです。

ひとつの小さな行動でも、起こすの起こさないのではその先の近い将来のあなたの自信の大きさは全く変わってくるのです。

自信とは「自分自身を信じることができるように行動すること」なのです。
そして行動を起こし、続けることで自信の度合いはどんどん大きくなり、いずれ自信は
MAXとなるのです。

マーク 第二種電気工事士筆記試験の対策なら

メール講座筆記

「筆記試験メール講座」

選択して下さい

登録 解除

メールアドレス

マーク 第二種電気工事士技能試験の対策なら

メール講座

「技能試験メール講座」

選択して下さい

登録 解除

メールアドレス


マーク 電気工事士 難易度・コラム

Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.