電気工事士試験!最初に確認しておきたいこと


資格サポート協会のホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。

電気工事士試験の合格という良い結果を出すためには、正しく学び、準備する必要があります。順番に体系立てて学ぶことにより、短時間で正確な情報を得ることができます。第二種電気工事士の免状を取得するにはその予選である筆記試験を突破した上で、はじめて決勝である技能試験に進むことができるのです。

先ずは予選である筆記試験を確実にモノにするべく準備を進めましょう。

最初に準備できるかを確認しておきたいこと

電気工事士の試験を1発で合格には準備が必要です。
試験の合格に必要な準備と心構えを先ず確認してみましょう。

1、自分に負けない強いメンタルを持つこと
2、時間を作れること
3、自分で決めた事は必ず実行すること

いかがでしょうか?準備は出来てますか?試験に合格するために絶対に必要な準備はできそうですか?準備ができている方は迷わず試験の申込みに進みましょう。試験日程、試験申し込み日程をご確認ください。
試験の申し込み日程の確認

まだ準備が出来ていない方は上記の1~3の項目のどの準備ができていないのでしょうか?1番ですか?2番ですか?それとも全部ですか?試験の合格には準備が必要です。「試験に合格するために必要な心構え」の詳細を確認するには当協会の無料メール講座「合格のための心構え」をぜひご購読下さい。
合格のための無料メール講座

第二種電気工事士試験!最初にすることは?

第二種電気工事士の試験を受験するにあたって、先ず最初にすることは参考書を準備することです。本屋さんにはたくさんの参考書が並んでいますがどれを選べばいいか分かりませんよね。でも参考書の選び方で試験の合否が決まってしまうといても過言ではありません。オススメの参考書を紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください。

第二種電気工事士筆記試験オススメ参考書はコチラ

試験について講習で学ぶか、独学でチャレンジするかを決める

試験に有利なのは講習を受けて学ぶことです。しかし筆記試験の2日間程度の講習で2万円~3万円程度の費用がかかります。筆記試験に合格すれば、技能試験の講習が必要です。1日の講習で1万~2万円、2日間程度の講習で2万円~3万円程度かかります。講習を受けたとしてもその後は結局は独学になります。

合格するために必要な勉強や準備や整えてから講習を受けた場合、講習が復習程度となってしまい講習の必要性をあまり感じないこともあります。講習について否定するつもりはありませんが、講習を受けて合格するより、独学で学んで合格する方がやりがいがありますよね。独学でチャレンジする価値は大きいと思います。

試験合格までにかかる費用はコチラ

メール講座

次はこちらのページにお進みください

試験合格までの流れ


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.