第二種電気工事士過去問は成功の素!だれでもやれば合格できる

第二種電気工事士過去問は成功の素!


第二種電気工事士筆記試験の合格に大きく影響するものは過去問です。

あきらめ

電気工事士過去問は試験を攻略し合格するためにはとても重要です。
電気工事士の過去問の重要さを理解しないままの状態で試験を諦めるのは早すぎではないでしょうか?

筆記試験では過去に同様の問題が出題されるケースが非常に多いのです。
計算問題では数値も全く同じ問題が出されることもあるほどです。
ですので、準備さえ出来ていれば誰でも合格することが可能なのです。
それでも本当にあきらめていいのでしょうか?

幸いなことに電気工事士の過去問の使い方を理解すれば試験は合格できるのです。
何度か試験を受けた際に電気工事士過去問をどのように使われていたでしょうか?
使い方が正しくなければ多くの国家試験の合格は遠ざかってしまいます。

ではどういう方法で電気工事士の過去問を攻略すれば試験を突破できるのでしょうか?
当たり前のようですが電気工事士の過去問をやった時に間違えた問題に注目することです。

あきらめようか

試験がうまくいかなかった方の多くは、間違えた問題をなぜ間違えたのか、実はこれをしっかり理解できていない場合が多いのです。
解答を再確認した時になんとなく解った気分になるものです。

それを防ぐのに効果的なことはテキストに一切答えを
書かないことです。
四択の答えを記入していたり、計算問題の計算を記入していたりするものですが、答えが記入してあると再度問題を確認した時に解った気になってしまうのです。

なぜ間違えたか、しっかり理解することで、次に同じ
問題をやった時には確実に解けるようにしておくこと
が大切です。

解ったつもりで理解できていなければ電気工事士の過去問をやる意味がなくなってしまいますよね。
本来有意義であることが、ただの時間の無駄になってしまいます。
何度受けても合格できない理由は実はこんな些細なところに潜んでいるのかもしれません。

自信をなくし、あきらめるのは早い気がしませんか?
せっかく自分のものにしつつある試験をあきらめてしまうのはもったいないことです。
次の試験で確実に合格できれば今までの経験は無駄にはならないでしょう。

自信を持って試験にのぞむことはとても大切なことです。
電気工事士の過去問は試験を受けるにあたっては切ってもきれないほど大事なものであり、これを攻略することが合格への突破口であり近道でもあるのです。

試験とやる気について

やる気について

次にやる気について考えてみましょう。
「やる気がない」って、よく言いますね。
しかし、本当にやる気が全くないという人はいません。
やる気というのは、時と場合により出たり出なかったりするものです。

では、やる気を出すために必要なこととは何でしょうか。
例えば、過去問の結果が50点だったとしましょう。
たいていの人は「50点しかとれなかった」と思うはず
です。そう思ったら、とたんに勉強する気がなくなってしまいます。

人がやる気をなくす典型的なパターンは、失敗体験が重なる場合です。
がんばって勉強したのに50点しかとれなかったとしたら、誰でもがっかりしてしまいます。
こうした「がっかり体験」の積み重ねが、やる気のなさにつながり、勉強しても長続きしない、いわゆる「根気がない」状態につながります。

さて、先ほどの50点の過去問。
本当に悪いことばかりでしょうか。
よくよく答案用紙を見てみましょう。
文章題は解けていないけれど、計算問題は解けているかもしれません。
また、点数自体は前回のテストよりも下がっているかもしれないけれど、平均点より高い点数がとれているかもしれません。

そこは、考えようなのです。

文章題が解けなかった→計算問題は解けた。
点数が下がった→平均点よりは良かったと、一見、失敗体験と思われる中からも成功体験につながることを見つけ、それを達成できたと認識することで、やる気につなげるのです。

成功曲線

さて、なぜ試験をあきらめようか迷っているのかを再度考えてみましょう。
まず、失敗とは何か?それは諦めたときです。
あきらめた時がはじめて失敗と言えるのです。
逆にあきらめない限りは失敗はないのです。
ずっとあきらめなければ成功は必ずくるのです。

「あきらめが肝心」だなんていう言葉もありますが、あきらめたとき、それは死を意味します。
あきらめることであなたのあなたチャレンジは終わります。そうならないよう行動を起こします。

それでも合格あきらめますか?

あきらめて何もやらない状態から、実際にできることはあきらめない何かと考え広げることで、行動が起こりやすくなります。
行動計画を決めれば取り組みやすくなり、やり終わったときに達成感があります。

達成感を多く持てば、前向きな気持ちとなり自信が湧いてきて、さらに前進することができるのです。
ここで少し時間をとり、あきらめていることに意識を向け取り組んでみましょう。

できることから始めてみたものの、夢や目標になかなか届かない、と不安になることもあります。

でも、夢までの道のりは右肩上がりに順調にいくとは限らないんです。

初めのうちは知識が点、点と散在していて、覚えても覚えてもなかなか理解できないとあせる気持ちが出てきますが、徐々に点と点がつながって「1つの線」になる瞬間がやってきます。

そこから理解が一気に深まり、目標の点数が取れるようになってきます。
多くの場合、1つにつながる前にあきらめてしまいがちなのです。
なかなか結果が表れないときも、もうひとふんばりしてみましょう。

何のために試験を受けようと思ったのか?きっと最初に試験を受けると決めたときに、合格した自分を描き、絶対に合格しよう思ったことでしょう。
そして合格後の活躍を想像されたのではないでしょうか?初心忘るべからずですね。

万里の長城がどのように造られたか知っていますか。万里の長城
トンネル工事のように両端から順に造っていき、最後に一本につなげるという造り方ではありません。
まず、全体をいくつもの区間に分け、それぞれの区間を、作業員がチームで造ります。
そして、担当した区間が完成すると、別の区間へと移動し、また同じ作業を繰り返すのです。

あの壮大な万里の長城も、こうやって少しずつ造っては移動しての繰り返しだったのです。
全体から見て、それがたとえ一部分であっても、「完成した」という達成感を味わうことで、やる気につながるのです。
千里の道も、一歩から

ただ何となくやるだけでは、人は意欲がわかないものです。
だからこそ、何か目的意識を持って取り組むことが大切なのです。
ましてや、勉強という多少なりとも苦難を伴うことであれば、なおさらですね。

目標達成までの日数で日割り計算して、1日あたりどれくらいやればよいかを計算して、目標とする方法は、コツコツ仕事をこなせる人がよくやる方法です。
これを過去問として攻略することができれば結果につなげることができるでしょう。

最終的な目標は電気工事士試験の過去問を攻略し合格という目標を達成することです。
あなたがあきらめようとしていた気持ちはどこかに消えてしまったのではないでしょうか?そして初心に返りあらたな気持ちで試験に向きあおうと思ったことでしょう。

成功はもう目の前に来ている気がしませんか?
合格に向かって、いいスタートを切りましょう。
そのためにしっかりした準備を計画しましょう。
あとはあなたが行動するかにかどうかにかっているのです。

マーク 第二種電気工事士筆記試験の対策なら

メール講座筆記

「筆記試験メール講座」

選択して下さい

登録 解除

メールアドレス

マーク 第二種電気工事士技能試験の対策なら

メール講座

「技能試験メール講座」

選択して下さい

登録 解除

メールアドレス


マーク 電気工事士 過去問・コラム

マーク 第二種電気工事士 過去問チャレンジ

Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.