試験に自信が持てない人の行動

2014-08-12

第一種電気工事士や第二種電気工事士下期の試験が近づいてきています。

「試験に自信がもてない人の行動」とは、言い換えれば「自分に自信がもてない人の行動」となります。会社で必要な資格であるにも関わらず、会社には内緒で個人的に試験の申し込みをして、落ちたらなにもなかったかのようにするためです。試験代はもちろん自腹です。

自信がないから試験に落ちた時のことを考えて会社には内緒にしておこうということです。「合格できたらいいなあ」とか「合格できればラッキー」なんて考えているようですが、気持ちで既に負けている気がします。

会社持ちで試験を受けさせてもらっているからには、落ちたら片身が狭いですからね。気持ちはわからなくないですが、実際こういう行動をする人がいるのです。相当自信がないのでしょう。しかし、これって異常な行動だと思いませんか?

努力をしない人

2014年版 第二種電気工事士筆記試験標準解答集

新品価格
¥1,296から
(2014/8/11 23:33時点)


試験に受かる自信がないのに努力をしない人も実は多いです。負のスパイラルに陥っているのです。何のために試験を受けるのか疑問です。しかし、合格したいという気持ちは持っています。なぜ、努力ができないのか?そういう人に話を聞くと一応にやる気が出ないという声が帰ってきます。

やる気が出ないと言っているうちに試験日はドンドン近ずいてきます。試験日は待ってはくれないのです。そして、手遅れに!さらに、お決まりのもっと前から準備をしておば良かったという後悔につながるのです。

負のスパイラルから抜け出すためのおすすめは同じ試験を受ける仲間を持つことです。周りに同じ試験を受ける仲間がいなければ、twitterですぐに見つかります。情報交換できる仲間はいたほうがいいでしょう。同志は同じ試験を受ける中で張り合いになります。切磋琢磨しライバルにもなり得るのです。

そうこうしているうちにやる気も湧いてきて前進できますね。

言い訳をする人

ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2014年版

新品価格
¥2,052から
(2014/8/11 23:22時点)


試験に受かる自信がない人は様々な言い訳をします。例えば「俺、頭悪いから」とか「俺、無理だから」、「○○君(同僚)が受かればいいよ」というように、まるで落ちた時の予防線を張り、言い訳をしているように感じます。

このようなマイナス思考は行動にも影響します。壁にぶつかったときにこの壁を越えるのは無理だ!とすぐにあきらめる人、これはひとつチャンスを逃したことになりかねません。無理だ!とういのは実に簡単ですが、何もせずに逃げていること同じなのです。その後に前進することはできません。

できる人は壁にぶつかった時にどうすれば壁を越えることができるかを考えます。無理だ!と思考停止する人と比べ大きな差ではないでしょうか?そして、解決方法を見つけ出し、さらに自信が付くのです。

他人のレベルを気にしすぎる人

試験に受かる自信がない人で周りの人のレベルをすごく気にする人がいます。他人がどの程度のレベルなのかを気にしているようです。そんなヒマがあるなら勉強すればいいのにと思うわけですが、他人に問題を出してみたりして、他人のレベルと自分のレベルを比較ししているのでしょうか?何の意味があるのかわかりません。周りの迷惑に気づいて欲しいところです。

自信のある人は周りは一切気にしません。周りのレベルは関係ないからです。同じ試験の受験者をライバルとは思っていないのです。電気工事士をはじめ、国家試験では上位何名が合格ということはありませんよね。自分が合格基準をこえるかどうかであるために周りの人を気にしてもしょうがないですよね。

無駄な時間は有効に使うべきです。

どんな試験にも100%合格はない

国家試験で100%合格できる試験なんて存在しませんが、もしそんな試験があったとしても、その試験自体の価値はほとんどないのではないでしょうか?

合格確率が100%でないから価値があるのです。もちろん合格確率が低い試験の方が価値が高い場合が多いでしょう。第二種電気工事士よりは第一種電気工事士というようにですね。

しかし、試験の価値云々でなく確実に合格しモノにすることに意義があるのです。自信のない状態で受けた試験と自信を持って受けた試験。後者の方が気持ちの面でもスッキリしますよね。

逆の行動・考え方

実は、試験に自信を持っている人の行動や考え方は全く逆なのです。

その行動や考え方はこうです。
①試験に合格すると決めている。
②周りの人に絶対合格すると公言している。
③絶対に合格できる自信を持っている。

そうです。試験に自信を持っている人は合格することしか考えていません。落ちることなど全く考えていな合いのです。しかも、自信に満ち溢れています。そして、内緒で試験を受けたりはせずに、逆に周りの人に絶対に合格すると公言しているのです。

結果として逃げ道をなくし、自らプレッシャーを背負います。そうすることにより絶対に合格するしかない状況をうまく利用しているのです。

そして、その結果、確実に合格を勝ち得るのです。自信がない人の考え方と全く逆なのです。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.