第二種電気工事士 合格までにかかる費用


第二種電気工事士の合格までの費用はどれくらいかかると思いますか?

多くの受験者は訓練校や会社負担であると思いますが、会社等に頼らずに受験される方もいらっしゃると思います。ここでは合格までの費用について考えてみましょう。

合格までの費用シュミレーション①(講習を受ける場合)

①受験料 インターネットによる申し込み     ¥9300
②筆記試験講習代(テキスト含む)2日間の例  ¥25000
 筆記試験合格
③技能試験工具代(例)            ¥12000
④技能試験練習用電線・器具セット代(例)   ¥20000
⑤技能試験講習代(2日間の例)        ¥25000
 技能試験合格
⑥免状新規交付手数料              ¥5200
 
合計                     ¥96500 

合格までの費用シュミレーション②(独学の場合)

①受験料 インターネットによる申し込み     ¥9300
②筆記試験テキスト代2冊(例)         ¥5000
 筆記試験合格
③技能試験工具代(例)            ¥12000
④技能試験練習用電線・器具セット代(例)   ¥20000
 技能試験合格
⑤免状新規交付手数料              ¥5200
 
合計                     ¥51500 

講習を受けるとおよそ10万円の費用がかかります。1発で合格しないことには大変な額になってしまいますよね。費用の面から考えても1発合格がどうしても求められるのも納得できます。費用を負担してくれる会社の場合、絶対に落ちることはできませんね。

メール講座


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.