電気工事士試験!試験の準備と合格までの流れ


第二種電気工事士の試験までの準備と合格までの流れを把握しておきましょう。

先ずは筆記試験です。筆記試験は第二種電気工事士の免状を取得するにあたっての予選という位置づけになります。予選を突破できないことには決勝である技能試験に進むことはできません。

電気工事士の試験の合格に一番必要なものはなんだと思いますか?それは自信です。では自信を持つには何が必要でしょう?試験前までのしっかりした準備です。しっかりとした準備には何が必要か?それは、しっかりした計画です。このように合格から逆算しスタート地点をどこに据えるかを考えていきます。スタート地点が決まれば後はゴールに向かって突き進むだけですね。

自分で決めたスタート地点、自分で決めたその間の道のり、自分で決めたゴールならば、どんなに険しい道だとしても必ずゴールまでたどり着くことができるのではないでしょうか?自分で決めて自分で実践する。実践を重ねていくことで最初は小さな自信が大きな自信につながっていきます。しかし自身を持つことは簡単なようで実はとても難しいのです。順を追って自信のつけ方を学んでおく必要があります。

電気工事士試験の合格までの流れ

電気工事士試験の合格までの流れを確認しておきましょう。

・合格すると決める・・・受けると決めた試験は必ず合格すると決めましょう。
・強いメンタルをもつ・・気持ちで負けない自分を作りましょう。
・敵を知る・・・・・・・敵とは試験自体、弱い自分、怠け心などの敵を把握しましょう。
・計画を立てる・・・・・合格するために必要な計画を立てましょう
・時間を作る・・・・・・ムダな時間を使ってませんか?時間を有効に使おう
・計画を実践する・・・・どんなに優れた計画でも実践できなければ宝の持ちぐされです。

以上を突き詰めていくことで自信のレベルを上げて電気工事士試験の合格をより近いところに引き寄せていきます。

電気工事士試験の合格までの道のり

結果が全てを求めるのは、スポーツやビジネスの世界だけでなく、試験の世界においても同じです。試験の世界で結果とは当然合格です。
まして、出した成果や結果によってのみ評価されます。試験についても同様で、まさに、実力の世界なのです。

過去の失敗にとらわれず、自分の可能性へ向かうには、自分が理想とする姿をイメージして、そこへ近づいていくことが必要です。人は自信を持つことで、大きく変わります。「自信」とは、他人に評価され、信頼される前に、自分が自分の力を信じていなければなりません。
できると思うか、できないかもと弱気になるか、その思考の差が、自分の未来に大きく影響していきます。できない理由を探し何も行動しなければ1歩も前進できません。どうすればできるかを考える事で大きく前進できるのです。
人生に「そのうち」はありません。しかも、「そのうち」は永遠に訪れません。やりたいと思うことがあったら絶対に先送りしてはいけないのです。

みなさんには「やりたいと思うこと」がありますか?一つ一つをいつまでにやるか、期限を設定していきましょう。特に簡単に達成、実行出来るものから期限設定していくと、大きな目標を実現するまでのスケジュールが自然に出来あがります。期限を設定出来たら、後は実際に行動に移すのみです。

自分で決めたことを実行することが大切です。
でも、夢までの道のりは右肩上がりに順調にいくとは限らないのです。
初めのうちは点と点が散在していて、なかなか理解できずにあせる気持ちが出てきますが、徐々に点と点がつながって「1つの線」になる瞬間がやってきます。
大きな目標をいきなり達成するのはむずかしいことですが、一つ一つの小さな「目標」や「やりたいこと」の積み重ねが、大きな夢や目標の達成につながっていくのです。

実際にできることは何かと考え広げることで、行動が起こりやすくなります。行動計画を持てば取り組みやすくなり、やり終わったときに達成感があります。
達成感を多く持てば、前向きな気持ちとなり自信が湧いてきます。そして自信が持てれば電気工事士試験に合格できるというプラスの連鎖が出来上がり、その道が合格につながっていくのです。

第二種電気工事士の予選である筆記試験、予選といっても油断は禁物です。気を引き締めて準備を進めましょう。

合格のための無料メール講座

メール講座

第二種電気工事士 筆記試験に合格したら

予選である筆記試験に合格できたら、いよいよ決勝、本番の技能試験です。

技能試験って何をすればいいの?


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.