第二種電気工事士技能試験候補問題 複線図の描き方





第二種電気工事士の技能試験の複線図の書き方の基本的な手順をマスターして、どのような単線図でも複線図にできるようにしておきましょう。

マーク 第二種電気工事士技能試験、複線図の描き方の基本ルール

①接地側電線(白)は電灯、コンセントにつなぐ。
※絶対にスイッチにつないではいけません。

②非接地側(黒)はスイッチ、コンセントにつなぐ。
※絶対に電灯につないではいけません。

③最後に電灯とスイッチをつなぐ。

※接地側電線(白)とは家庭のコンセント(交流100V)でいうと0V側、非接地側(黒)は 100Vです。

マーク 第二種電気工事士技能試験、複線図の描き方の基本解説

複線図の描き方の基本は複線図が複雑になっても全く同じです。
基本が理解できていれば複線図が複雑になっても応用がききます。

単線図

第二種電気工事士の技能試験複線図を描くにはまず単線図を理解しましょう。
下の単線図は電源ラインからコンセントに接続されており、スイッチが入ればランプが付く回路となってます。

複線図1

最初に器具やジョイントボックスを配置します。

①ジョイントボックスの配置中央に大きめに描きます。

②ランプ・コンセントの配置

③電源の配置
電源は接地側が○、非接地側が●です。

④スイッチの配置

複線図2

基本ルール①

接地側電線(白)はランプ、コンセントにつなぐ。

①接地側の○からコンセントつなぐ
②ランプからジョイントボックス内の接地線につなぐ
③交差する箇所に黒丸つける。
(配線をジョイントする)
※絶対にスイッチにつないではいけません。

複線図3

基本ルール②

非接地側(黒)はスイッチ、コンセントにつなぐ。

①非接地線●をコンセントにつなぐ
②スイッチからジョイントボックス内の非接地線につなぐ
③交差する箇所に黒丸つける。
(配線をジョイントする)
※絶対に電灯につないではいけません。
複線図4
基本ルール③

最後にランプとスイッチをつなぐ。

①ランプとスイッチをつなぐ
②ランプからジョイントボックス内を通しスイッチにつなぐ
③交差する箇所に黒丸つける。
(配線をジョイントする)

完成です。




マーク 電気工事士 技能試験候補問題複線図

Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.