Archive for the ‘電気工事士 技能試験’ Category

         

第二種電気工事士技能試験 欠陥の判断基準

2020-01-25

ECEE 一般財団法人 電気技術者試験センターより第二種電気工事士技能試験 欠陥の判断基準が公表されています。
よく確認して技能試験に備えましょう。

マーク 電気工事士技能試験(第一種・第二種)欠陥の判断基準

1.未完成のもの

2.配置、寸法、接続方法等の相違

2-1.配線、器具の配置が配線図と相違したもの

2-2.寸法(器具にあっては中心からの寸法)が、配線図に示された寸法の 50%以下のもの

2-3.電線の種類が配線図と相違したもの

2-4.接続方法が施工条件に相違したもの

3.誤接続,誤結線のもの

4.電線の色別,配線器具の極性が施工条件に相違したもの

5.電線の損傷

5-1.ケーブル外装を損傷したもの

 イ. ケーブルを折り曲げたときに絶縁被覆が露出するもの

 ロ. 外装縦われが 20mm 以上のもの

 ハ. VVR、CVV の介在物が抜けたもの

5-2.絶縁被覆の損傷で、電線を折り曲げたときに心線が露出するもの
ただし、リングスリーブの下端から 10mm 以内の絶縁被覆の傷は欠陥としない

5-3.心線を折り曲げたときに心線が折れる程度の傷があるもの

5-4.より線を減線したもの

6.リングスリーブ(E形)による圧着接続部分

6-1.リングスリーブ用圧着工具の使用方法等が適切でないもの

 イ. リングスリーブの選択を誤ったもの(JIS C 2806 準拠)
 ロ. 圧着マークが不適正のもの(JIS C 2806 準拠)
 ハ. リングスリーブを破損したもの
 ニ. リングスリーブの先端または末端で、圧着マークの一部が欠けたもの
 ホ. 1つのリングスリーブに2つ以上の圧着マークがあるもの
 ヘ. 1箇所の接続に2個以上のリングスリーブを使用したもの

6-2.心線の端末処理が適切でないもの

 イ. リングスリーブを上から目視して、接続する心線の先端が一本でも見えないもの
 ロ. リングスリーブの上端から心線が 5mm 以上露出したもの
 ハ. 絶縁被覆のむき過ぎで、リングスリーブの下端から心線が 10mm 以上露出したもの
 ニ. ケーブル外装のはぎ取り不足で、絶縁被覆が 20mm 以下のもの
 ホ. 絶縁被覆の上から圧着したもの
 ヘ. より線の素線の一部がリングスリーブに挿入されていないもの

7.差込形コネクタによる差込接続部分

7-1.コネクタの先端部分を真横から目視して心線が見えないもの

7-2.コネクタの下端部分を真横から目視して心線が見えるもの

8.器具への結線部分
 (1)ねじ締め端子の器具への結線部分
  (端子台、配線用遮断器、ランプレセプタクル、露出形コンセント等)

8-1.心線をねじで締め付けていないもの

 イ. 単線での結線にあっては、電線を引っ張って外れるもの
 ロ. より線での結線にあっては、作品を持ち上げる程度で外れるもの
 ハ. 巻き付けによる結線にあっては、心線をねじで締め付けていないもの

8-2.より線の素線の一部が端子に挿入されていないもの

8-3.結線部分の絶縁被覆をむき過ぎたもの

 イ. 端子台の高圧側の結線にあっては、端子台の端から心線が 20mm 以上露出したもの
 ロ. 端子台の低圧側の結線にあっては、端子台の端から心線が 5mm 以上露出したもの
 ハ. 配線用遮断器又は押しボタンスイッチ等の結線にあっては、器具の端から心線が 5mm 以上露出したもの
 ニ. ランプレセプタクル又は露出形コンセントの結線にあっては,ねじの端から心線が5mm 以上露出したもの

8-4.絶縁被覆を締め付けたもの

8-5.ランプレセプタクル又は露出形コンセントへの結線で、ケーブルを台座のケーブル引込口を通さずに結線したもの

8-6.ランプレセプタクル又は露出形コンセントへの結線で、ケーブル外装が台座の中に入っていないもの

8-7.ランプレセプタクル又は露出形コンセント等の巻き付けによる結線部分の処理が適切でないもの

 イ. 心線の巻き付けが不足(3/4周以下)、又は重ね巻きしたもの
 ロ. 心線を左巻きにしたもの
 ハ. 心線がねじの端から 5mm 以上はみ出したもの
 ニ. カバーが締まらないもの

(2)ねじなし端子の器具への結線部分
 {埋込連用タンブラスイッチ(片切、両切、3路、4路)、埋込連用コンセント、パイロットランプ、引掛シーリングローゼット等}

8-8.電線を引っ張って外れるもの

8-9.心線が差込口から 2mm 以上露出したもの

ただし、引掛シーリングローゼットにあっては、1mm 以上露出したもの

8-10.引掛シーリングローゼットへの結線で、絶縁被覆が台座の下端から5mm 以上露出したもの

9.金属管工事部分

9-1.構成部品(「金属管」、「ねじなしボックスコネクタ」、「ボックス」、「ロックナット」、「絶縁ブッシング」、「ねじなし絶縁ブッシング」)が正しい位置に使用されていないもの

9-2.構成部品間の接続が適切でないもの

 イ. 「管」を引っ張って外れるもの
 ロ. 「絶縁ブッシング」が外れているもの
 ハ. 「管」と「ボックス」との接続部分を目視して隙間があるもの

9-3.「ねじなし絶縁ブッシング」又は「ねじなしボックスコネクタ」の止めねじをねじ切っていないもの

9-4.ボンド工事を行っていない又は施工条件に相違してボンド線以外の電線で結線したもの

9-5.ボンド線のボックスへの取り付けが適切でないもの

 イ. ボンド線を引っ張って外れるもの
 ロ. 巻き付けによる結線部分で、ボンド線をねじで締め付けていないもの
 ハ. 接地用取付ねじ穴以外に取り付けたもの

9-6.ボンド線のねじなしボックスコネクタの接地用端子への取り付けが適切でないもの

 イ. ボンド線をねじで締め付けていないもの
 ロ. ボンド線が他端から出ていないもの
 ハ. ボンド線を正しい位置以外に取り付けたもの

10.合成樹脂製可とう電線管工事部分

10-1.構成部品(「合成樹脂製可とう電線管」、「コネクタ」、「ボックス」、「ロックナット」)
が正しい位置に使用されていないもの

10-2.構成部品間の接続が適切でないもの

 イ. 「管」を引っ張って外れるもの
 ロ. 「管」と「ボックス」との接続部分を目視して隙間があるもの

11.取付枠部分

11-1.取付枠を指定した箇所以外で使用したもの

11-2.取付枠を裏返しにして、配線器具を取り付けたもの

11-3.取付けがゆるく、配線器具を引っ張って外れるもの

11-4.取付枠に配線器具の位置を誤って取り付けたもの

 イ. 配線器具が1個の場合に、中央以外に取り付けたもの
 ロ. 配線器具が2個の場合に、中央に取り付けたもの
 ハ. 配線器具が3個の場合に、中央に指定した器具以外を取り付けたもの

12.その他

12-1.支給品以外の材料を使用したもの

12-2.不要な工事,余分な工事又は用途外の工事を行ったもの

12-3.支給品(押しボタンスイッチ等)の既設配線を変更又は取り除いたもの

12-4.ゴムブッシングの使用が適切でないもの

 イ. ゴムブッシングを使用していないもの
 ロ. ボックスの穴の径とゴムブッシングの大きさが相違しているもの

12-5.器具を破損させたもの
ただし、ランプレセプタクル、引掛シーリングローゼット又は露出形コンセントの台座の欠けについては欠陥としない


第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

2017-11-07

第二種電気工事士技能試験の本番での実技の手順や進め方がわからないので教えてほしいとの質問をよく受けることがあります。

というわけで、

第二種電気工事士技能試験の実技の進め方と手順についてお話させていただきます。

技能試験

第二種電気工事士技能試験の本番ではあまり時間に余裕はありません。
技能試験時間は40分間、実技に慣れていないとあっという間に40分が経過してしまいます。

40分以内に課題を完成させることが出来なければ当然合格できることはありません。

そこでベストと思われる技能試験の実技の進め方と手順についてふれてみたいと思います。

マーク 第二種電気工事士技能試験の手順

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

第二種電気工事士技能試験の本番での手順は以下の8つです。

      ①複線図を描く

      ②電線の長さを決める

      ③電線の切断

      ④電線被覆剝き

      ⑤電線と器具を接続

      ⑥電線を接続

      ⑦電線を整える

      ⑧最終確認

練習の時から同じ手順で慣れておくことが大切ですね。

マーク 複線図を描く

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

複線図は技能試験の設計図です。

慣れた人なら複線図を描く必要はありませんが、第二種電気工事士の試験を受ける人であれば確実に複線図を描いたほうがその後の進め方が楽になります。

複線図で重要なことは電線の色を間違いのない様に決めることです。

マーク 電線の長さを決める

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

候補問題より指示がある電線の長さにアウトレットボックス内での接続や器具への取り付けを考慮し電線の長さを決定します。
電線の長さが決まったら先ほどの複線図に記入しましょう。

マーク 電線の切断

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

VVFストリッパーで電線を切断します。
長さのはかり間違いには要注意です。

マーク 電線被覆剝き

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

電線との接続や器具絵の取り付けを考慮して被覆を剝きます。

マーク 電線と器具を接続

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

各々の電線を器具へ接続します。
数種類の電線と器具の接続を終わらせておきます。

マーク 電線を接続

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

アウトレットボックス内やジョイントボックス内の電線を接続します。
圧着するときは電線の色間違いやリングスリーブのサイズ、圧着マークに注意しましょう。

マーク 電線を整える

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

単線図の配置と同じになるように配線を整えます。

マーク 最終確認

第二種電気工事士技能試験!本番での実技の手順と進め方

最終確認をします。
思い込みによるミスや勘違いには十分注意しましょう。

【参考】

重大欠陥と対処法!技能試験判定基準

軽微な欠陥と対処法!技能試験の判定


第二種電気工事士技能試験の圧着工具の選び方

2017-03-19

第二種電気工事士技能試験で使う圧着工具について質問が多いので書いてみたいと思います。

マーク 第二種電気工事士技能試験圧着工具についての質問

よくこんな質問をいただきますので共有します。

第二種電気工事士技能試験で使う圧着工具についてですがホーザンのP-737ロブテックス(エビ印)のAK17Aのどちらがいいのでしょうか?

ホーザンのP-737の圧着の種類は〇・小・中の三種類です。
それに対してロブテックスの圧着の種類は〇・小・中・大の4種類です。

リングスリーブ圧着について詳しく知りたい方はコチラ

また、ホーザンのP-737はグリップ部が短く片手で圧着が可能ですが、強い力を必要とします。
p-737
ロブテックスのAK17Aはグリップが長く、軽い力で圧着が可能ですが、片手での作業はむずかしいです。
ak17a

第二種電気工事士技能試験ではどちらを使うのがいいでしょうか?

という質問です。

マーク 第二種電気工事士技能試験圧着工具の規格について

第二種電気工事士技能試験の圧着工具の選び方

ホーザンのP-737にしてもロブテックスのAK17Aにしても第二種電気工事士技能試験のJIS規格に適合したものなのでどちらでも技能試験に使うものとしては問題はありません。

いちおう確認のためリングスリーブの圧着について書いておきます。

リングスリーブの圧着は、リングスリーブにJIS C 9711に適合する圧着マークが刻印されることが求められます。
リングスリーブ用圧着工具は、JISの「屋内配線用電線接続工具・手動片手式工具・リングスリーブ用」(JIS C 9711:1982・1990・1997)の規格のものとなります。

わかりやすく言うと、握り部分(グリップ)の色が黄色のものを使用すれぱ、〇・小・中の圧着マークが刻印されます。

第二種電気工事士技能試験指定工具について詳しく知りたい方はコチラ

マーク 第二種電気工事士技能試験圧着工具 P-737vsAK17A

第二種電気工事士技能試験の圧着工具の選び方

さて、どちらの圧着工具がいいのかという本題に戻ると、当協会としてはホーザンのP-737をおすすめしています。

理由は小さいからです

なぜ小さいほうがいいのかというと、ロブテックスのAK17Aはグリップが長くてこの原理で圧着は軽い力でできるためいいのですが、試験会場の机の大きさというか、小ささ(狭さ)を考慮すると断然小さいホーザンのP-737が扱いやすいのです。

グリップの大きなロブテックスのAK17Aは試験会場の小さな机の上ではとても邪魔になるのです。

第二種電気工事士技能試験中の作業性を考えるとホーザンP-737が有利というこうことになります。

ちなみにホーザンのP-737は圧着の種類は〇・小・中の三種類、ロブテックスのAK17Aは圧着の種類は〇・小・中・大の4種類ですが、第二種電気工事士技能試験においてはリングスリーブの大を使いことはありませんのでご安心ください。

4種類圧着できたほうがいいんじゃないかという方もいらっしゃると思いますが、いずれ第一種電気工事士の試験を受験される場合でも電気工事士の技能試験については第一種電気工事士であろうと第二種電気工事士であろうと同じで、リングスリーブ大を使うことはありません。

ですので、電気工事士の試験に関してはホーザンのP-737がおすすめの理由であります。

とくに第二種電気工事士技能試験ではホーザンンのP-737が入った技能試験工具セットのホーザンDK-18をおすすめしています。

第二種電気工事士技能試験工具セット ホーザンDK-18


第二種電気工事士技能試験!独学で最初にやるべきこと

2016-10-05

第二種電気工事士技能試験を独学で合格しようとするなら最初にやるべきことはなんといっても技能試験の工具をそろえることです。

DK-18

工具をそろえると不思議なことにやる気が涌き出てはきませんか?第二種電気工事士技能試験を独学で合格する事は決して難しいことではありません。独学合格を目指してがんばりましょう。

技能試験に必要な工具

VVFストリッパー
圧着工具
プラスドライバーNo,2
マイナスドライバー5.5
電工ナイフ
ウォーターポンププライヤー
ペンチ
布尺

技能試験工具セットはコチラ

工具をそろえつつ、次は複線図の書き方を学びましょう。

マーク 第二種電気工事士技能試験複線図の書き方

第二種電気工事士技能試験!独学で最初にやるべきこと

第二種電気工事士技能試験を独学で目指すなら複線図の書き方の基本ルールを押さえておきましょう。複線図の基本ルールが解れば、いつでも応用が利きますね。

複線図の基本ルールはコチラ

平成29年度技能試験候補問題全13問の複線図の書き方はコチラ

マーク 第二種電気工事士技能試験練習用器具・配線セット

第二種電気工事士技能試験!独学で最初にやるべきこと

複線図が理解出来たらその次は練習用の器具・電線をそろえていよいよ実践です。

技能試験練習用器具+ケーブルセット


第一種電気工事士技能試験の工具は何が必要?

2016-10-02

第一種電気工事士の技能試験の工具は第二種電気工事士技能試験の工具セットに加えて、そろえておきたい工具があります。あったら役に立つ!とっておきの工具をご紹介します。

 

マーク 第一種電気工事士技能試験までにそろえておきたい工具

第一種電気工事士技能試験の工具は何が必要?

第一種電気工事士技能試験は第二種電気工事士技能試験で使った工具にプラスしておきたいものがあります。VVR用ケーブルストリッパーとより線専用のストリッパーです。

第一種電気工事士技能試験では第二種電気工事士と違ってVVR5.5-3Cなどの太い電線やCVV2-3Cなどのより線のストリップが必要となってきます。VVR5.5-3Cの外装を電工ナイフで剝くのは難しいのでオススメできません。また、CVV2-3Cなどのより線はVVFストリッパーで剝こうとするとき、かなり力がいるため大変でしかも、芯線を傷つけてしまうことがよくあります。

そこで必要となってくるのがケーブルストリッパーとより線専用のストリッパーです。

ケーブルストリッパー

デンサン ケーブルストリッパー ND-800はコチラ

より線ストリッパー

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー より線C 3000Cはコチラ
 

マーク VVR-5.5外装被服の剝き方

第一種電気工事士技能試験の工具は何が必要?

VVR-5.5やCVV2-3Cの外装被服を向くにはケーブルストリッパーがあると大変便利です。使い方はケーブルにセットしてクルクルと回してタテ方向に引き抜くだけとても簡単できれいに剝けます。刃の出し過ぎると芯線を傷付けることがありますので何度か練習してベストなところに調整しておきましょう。一度調整すればVVR-5.5でもCVV2-3Cでも同じく剝けますので技能試験でもそのまま使うことができますね。

適用ケーブル:φ8~28mm

ケーブルストリッパー

デンサン ケーブルストリッパー ND-800はコチラ

マーク より線の剥き方

第一種電気工事士技能試験の工具は何が必要?

CVV2-3Cなどの内装被覆のより線をVVFストリッパーで剝くのは力が必要で大変です。より線の凸凹が内装被覆に引っかかりスンナリ引く抜くことができません。しかし、よりせん専用のワイヤーストリッパーを使うと力は全くいらず芯線を傷付けることもありません。芯線の長もストッパーで調整できるのでとても便利ですね。IV5.5にも対応できるので必需品です。

より線ストリッパー

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー より線C 3000Cはコチラ

マーク KIP線の剝き方

第一種電気工事士技能試験の工具は何が必要?

KIP線は電工ナイフで剝きます。机の上にKIP線を置いて電工ナイフで転がすように一周切れ目を入れます。KIP線は固いので電工ナイフで傷がつくことはありませんので大丈夫です。切れ目が入ったらペンチで外装を引き抜きます。
電工ナイフ

ホーザン 電工ナイフ Z-682はコチラ
 

マーク まとめ

第一種電気工事士技能試験の工具は何が必要?

第一種電気工事士の技能試験ではどの電線をどの工具で加工するかを決めておくことが重要です。

VVR5.5・CVV外装⇒ケーブルストリッパー

より線     ⇒より線ストリッパー

KIP線     ⇒電工ナイフ

VVFケーブル  ⇒VVFストリッパー

第二種電気工事士技能試験でも使った工具

・圧着工具
・VVFストリッパー
・プラスドライバーNo,2
・マイナスドライバー5.5
・ペンチ
・ウォーターポンププライヤー
・ペンチ
・電工ナイフ
・スケール

第二種電気工事士技能試験の工具に加えて第一種電気工事士技能試験ではケーブルストリッパーとより線用のストリッパーをそろえておく必要があるのです。


第二種電気工事士技能試験の練習は何回やるべきか?

2016-07-10

第二種電気工事士の技能試験の候補問題の練習は各何回くらいやればいい?という質問を多く受けます。技能試験の候補問題は全13問あり、どれが出るかはわかりません。ですので13回分を一通り練習する必要があります。

技能試験の合格者に聞いた練習回数は少ない方で全13問を1回未満ですが、全13問を3回やられている方も多くいます。もちろん個人差はあると思いますが、多くの受験者は全13問を2回分練習することで自信が付いている人が多いようです。しかし、いったい何度やればいいのでしょうか?

マーク 第二種電気工事士技能試験は時間勝負

第二種電気工事士技能試験の練習は何回やるべきか?

第二種電気工事士の技能試験の試験時間は40分。最終確認と手直しを考慮すると30分位で作業は終わっておきたいところです。となると30分で候補問題が完成できるように練習しなければなりません。

全候補問題を2回ずつ練習しておけば30分位で完成することができるでしょう。ということで個人差はあるにせよ、技能試験の練習は候補問題全13問を2回は練習する必要があるでしょう。


第二種電気工事士技能試験に余裕をもって望む方法とは?

2016-05-20

第二種電気工事士の平成28年度上期筆記試験の日程は6月5日(日)です。筆記試験の合格発表は7月4日(月)です。そして、上期技能試験の日程は7月24日(日)です。

なんとその間、

たった3週間

しかないんです。

ですので筆記試験の合格発表を待ってから技能試験の準備を始めたのでは遅いのです。技能試験用の工具をそろえ、練習用の器具や配線材料をそろえなければなりません。複線図の書き方も勉強しなければなりません。

それをたった3週間では難しいですよね。

ではどうすればいいか?

マーク 第二種電気工事士技能試験必勝法

第二種電気工事士技能試験に余裕をもって望む方法とは?

6月6日(月)に電気技術者試験センターのホープページに平成28年度上期筆記試験の解答が公表されます。筆記試験の当日に試験問題に自分の解答を記入しておき、その解答と答え合わせをして6月6日(月)の時点で合否の判断をすることが必要です。

自己採点をして60点以上であれば間違いなく合格となります。

すぐに技能試験用の工具セットや器具・配線材料を手配し、複線図の書き方から始めましょう。

こうすることで技能試験までの期間が3週間から約1ヶ月半となり約2倍の時間が確保出来るのです。

電気工事士工具セットはコチラ


電気工事士技能試験の講習を申し込むタイミングは?

2015-08-09

第二種電気工事士技能試験の講習を申し込むタイミングについての質問がありましたので回答しました。筆記試験の合格発表を待ってからでは何かと不利になることがありますので注意しましょう。第二種電気工事士技能試験の講習を申し込むためのベストなタイミングとは?

電気工事士2種の資格を取るため初めて受験する者です。

今年度の下期に受ける予定なのですが、初心者の為
独学のみではなく講義を受けようと思っています。
技能講習は必ず受けたいと考えていますが、講習を申し込むのは
筆記試験の合否がわかってからでも間に合いますか?
それとも今から申し込むべきなのでしょうか?

こちらにこのような質問をさせていただいて良いのか
分かり兼ねますが、アドバイスをいただけたらと思います。

よろしくお願いします。

【回答】

平成27年度の下期の筆記試験日は10/3(土)です。筆記試験の合格発表は約一が月後なのでおそらく11/2(月)が発表日でしょう。

技能試験日は12/5(土)

技能試験のまで約一ヶ月しかありません。講習が11月の最初の週で講習に申込みできれば技能試験の準備なんとかなるでしょうが、まず講習の予約が取れませんよ。

ベストな方法は筆記試験の翌々日(10/5月)に(財)電気技術者試験センターのホームページより解答が出ますので答え合わせをしてください。

それには試験当日に問題用紙を持ち帰る必要があります。試験の当日の試験終了時まで試験会場の席にいる人のみ問題用紙を持ち帰ることができます。

試験時間が終了する前に退席する場合は問題用紙は持ち帰ることはできません。

その問題用紙で答え合わせをして60点以上であれば必ず合格できますので10/5(月)に講習の申し込みをしましょう。

筆記試験に絶対合格する意気込みであれば今から講習を申し込んでもいいと思います。

いずれにせよ筆記試験の合格発表が出てからでは時間的にも講習の申し込みでも不利になることは間違いないです。

以上

実際に第二種電気工事士の技能試験の準備は一ヶ月間では厳しいと思います。余裕を持って行動しましょう。

第二種電気工事士技能試験の進め方

1)複線図の描き方をマスターする
2)電線の加工をマスターする
3)電線の接続をマスターする
4)電線の圧着をマスターする
5)重大欠陥と軽微な欠陥をマスターする


ホーザン VVFストリッパーP-958

2015-07-05

ホーザンVVFストリッパーP-957の生産中止に伴いP-958が販売開始しました。
大きく変わったところは芯線被覆剥きの電線の数が2本から3本になったところです。

P958-1

1.6mmも2.0mmも3本同時にストリップすることができるようになりました。ですので技能試験の施工時間の短縮になることでしょう。

VVF

芯線被覆ストリップ適応

 VVFケーブル/EM-EEFケーブル(エコ電線) 
 1.6mm×3芯/2.0mm×3芯

ケーブル外装ストリップ適応

 VVFケーブル/EM-EEFケーブル(エコ電線) 
 1.6mm×2芯/1.6mm×3芯/2.0mm×2芯/2.0mm×3芯

切断能力
 
 VVFケーブル/EM-EEFケーブル(エコ電線) 
 1.6mm×2芯/1.6mm×3芯/2.0mm×2芯/2.0mm×3芯

VVFストリッパー

⇒HOZAN VVFストリッパーP-958はコチラ


電気工事士軽微な欠陥と対処法!技能試験の判定

2014-11-16

第二種電気工事士の技能試験の軽微な欠陥の判定基準について解説していきます。
技能試験の判定は減点方式となっています。
まず、重大欠陥は1つでも不合格となります。

第二種電気工事士技能試験!重大欠陥と対処法についてはコチラ

次に軽微な欠陥は3つで不合格、2つまでなら合格となります。
ということは、「減点方式の持ち点は3点。重大欠陥は-3点、軽微な欠陥は1つで-1点、3つで-3点となり不合格になります。合計点数が0点となった時点で不合格、1点でも残っていれば合格となる」という風に認識する事ができます。

第二種電気工事士技能試験において重大欠陥は致命的ですが、軽微な欠陥は認識し、試験中に気付くことで減点を最小限に抑えましょう。技能試験はスピード勝負ですが、焦りは禁物です。
「早さと正確さ」が求められる試験ということを改めて理解しておきましょう。

マーク 第二種電気工事士技能試験!軽微な欠陥のまとめ

電気工事士なら!「軽微な欠陥」を理解しておこう

第二種電気工事士技能試験!軽微な欠陥

【1】電線の損傷電線の傷
   
   電気工事士技能試験で重大欠陥にはならない程度の
   外装被覆の傷や芯線被覆の傷。電線の損傷は被覆の
   ストリップ時に起こります。傷つけないように注意
   しましょう。
   また、傷がついてしまったら電線を切断し、新た
   にストリップし直しましょう。

端末処理
【2】リングスリーブ接続の芯線端末処理が
   適切でないもの
    
   芯線の先端は1~2mm残して切断しましょう。
   技能試験ではやりませんがリングスリーブに
   絶縁としてビニールテープが適切に巻けることが
   前提となります。

【3】電線管とボックスやコネクタの接続が緩いものジョイントボックス
   
   電線管のロックナットはプライヤーでしっかりと
   締めましょう。緩んでいた為に軽微な欠陥を
   取られてしまうのはもったいないですね。

【4】電線管のロックナットを逆に接続したもの
   
   電線管のロックナットは丸みを帯びている方が
   右の写真では下(奥)になります。
ケーブルシース
【5】ランプ、露出型コンセントの台座の中まで
   ケーブルシースが入っていないもの

   電線のケーブルシース(外装)は台座
   の中に収まるようにしましょう。
   外に出てしまった場合は外装ストリップが
   長すぎです。右の写真の赤丸のようにケーブ
   ルシースが台座の中に収まっていれば大丈夫
   です。間違えてもすぐに手直しができますので
   あわてずに対応しま う。

【6】取り付け枠の裏返し、緩み枠
   
   右の写真は連用枠が逆となっています。
   左右を反転しカシメが右側に来るのが正解
   です。補足:連用枠には「上」の表示が
   ついています。

【7】取り付け枠にスイッチ等の位置の間違え

   施工条件で指示が出ることがありますので
   よく確認しましょう。
防護管
【8】バインド線による防護管の支持が不適切
  
   防護管はバインド線で固定しますが、
   しっかり固定しないと防護管が動いて
   しまいます。動かないように固定しま
   しょう。

【9】ゴムブッシングの使用不適切

   正しくは右の写真のように取り付けます。ゴムブッシュ
   逆でも軽微な欠陥になることはありません。
   しっかり取り付けられていれば大丈夫です。

【10】ジョイントボックスに余計な打ち抜きをしたもの

   試験で配られる材料(ジョイントボックス)は
   必要な箇所に穴が開けられています。必要ない
   箇所を打ち抜くことはありませんので、注意
   しましょう。

マーク 軽微な欠陥を減らす方法

電気工事士なら!「軽微な欠陥」を理解しておこう

軽微な欠陥を10項目挙げましたが、よくある軽微な欠陥は【1】電線の損傷、【5】ランプ、露出型コンセントの台座の中までケーブルシースが入っていないもの、【7】取り付け枠にスイッチ等の位置の間違え、このあたりではないでしょうか?【1】と【5】についてはしっかり練習しておくことで防げますね。

【7】については問題によって施工条件が出されますのでしっかり読んで、理解することが大切です。例として平成25年の上期の技能試験の場合を確認しておきましょう。

《施工条件》(平成25年の上期の技能試験)
 ・タンブラスイッチは取り付け枠の中央に取り付けること
 ・タンブラスイッチから負荷側の配線は、ジョイントボックスまで黄色の電線を使用
  すること
 
 となっています。中央に取り付けた上に負荷側の電線に黄色の電線を使うという問題です。よく理解しておかないと間違えてしまいそうですね。施工条件はしっかり読んで軽微な欠陥を防ぎましょう。

次に最終確認で間違えに気付いた場合に電線の再加工が必要な項目は【1】、【4】、【5】、【9】です。【4】、【9】については、リングスリーブによる圧着接続の場合は電線の切断が必要になります。差込コネクタの場合は切断の必要はありません。やはり慣れる事によりミスを防ぐことが大切となります。

他の【2】、【3】、【6】、【8】については比較的簡単に手直しが出しますので焦らず慎重に行い軽微な欠陥を避けましょう。

【10】については手直しができません。軽微な欠陥となります。間違えないように注意しましょう。

試験時間は40分。スピードが必要ですが、焦っては結果として余計に時間がかかってしまうことが考えられます。30分で施工を一通り終えるペース
で、確認の時間と手直しの時間を残すことを心がけましょう。特に再確認は重要ですのでしっかり行ってミスを減らしてくださいね。

第二種電気工事士技能試験 重大欠陥についてはコチラ


« Older Entries
Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.