第二種電気工事士筆記試験!過去問チャレンジ-87 平成22年問27解説

2016-02-09

低圧屋内電線路と大地間の絶縁抵抗測定は分岐回路を開放して、負荷側の点滅器は全て「入」にし、コンセントに接続された負荷はそのままの状態で測定する。

解答  

イ. 負荷側の点滅器を全て「入」にして、常時配線に接続されている負荷は、使用状態にしたままで測定する。

問題に戻る

過去問のまとめはコチラ


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.