第二種電気工事士筆記試験!過去問チャレンジ-81 平成22年問21解説

2015-12-30

コードを使用して造営材に接触して施設する配線工事は、安全度が劣るため、一般配線工事では認められない。しかし、ショウウインドウやショーケース内の配線は美観上やむを得ない場合も有り、乾燥した場所に施設し、内部を乾燥した状態で使用するものは外部から見えやすい場所に限り、コードまたはキャプタイヤケーブルを造影材に接触して施設することができる。

回答

イ. 乾燥した場所に施設し、かつ、内部を乾燥状態で使用するショウウィンドウ内の外部から見えやすい箇所。

問題に戻る

過去問のまとめはコチラ


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.