電工2種筆記試験!過去問チャレンジ⑦ 平成24年度上期問7 解答と解説

2014-09-21

断面積1[m㎡]、長1[m]当たりの抵抗0.02Ωは、電線の抵抗率が0.02[Ω・m㎡/m]であることを表す。したがって、電線の断面積をA[m㎡]とすると、長さ35mの抵抗r[Ω]は、

r=ρL/A=0.02×35/A=0.7/A[Ω]

負荷に流れる電流が10Aのとき、電圧降下を1[V]にする電線の断面積A[m㎡]は

2×10×0.7/A=1[V]

14/A=1

A=14[m㎡]

解答 ハ. 14

問題に戻る
参考【電線の抵抗】


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.