電工2種筆記試験!過去問チャレンジ-52 平成22年度問22 解答と解説

2015-01-15

住宅の屋内電路は、原則として対地電圧を150V以下にしなければならない。
定格消費電力が2kW以上の電気機械器具及びこれに電気を供給するための屋内配線を、次のように施設する場合は、対地電圧を300V以下にできる。

・屋内配線及び電気機械器具には、簡易接触防護措置を施す。
・電気機械器具は、屋内配線と直接接続して施設する。
・電気機械器具に電気を供給する電路には、専用の開閉器及び過電流遮断器を施設する。
 過電流遮断器が開閉機能を有する場合は、過電流遮断器のみにすることができる。
・電気機械器具に電気を供給する電路には、漏電遮断器を施設する。

解答

二. 定格消費電力が2.5[kW]のルームエアコンに供給する電路に、専用の配線用遮断器と
   漏電遮断器を取り付け、ケーブル工事で配線し、ルームエアコンと直接接続した。

問題に戻る


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.