電工2種筆記試験!過去問チャレンジ-50 平成24年度上期問20 解答と解説

2015-01-13

石油類を貯蔵する場所は危険物が存在する場所に該当し、合成樹脂管工事、金属管工事、ケーブル工事が認められている。
ケーブル工事の場合、MIケーブルはそのまま施工できるが、600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルは管その他の防護装置に収めて施設しなけらばならない。

解答

二. 600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルを防護措置に収めないで使用したケーブル工事

問題に戻る


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.