電工2種筆記試験!過去問チャレンジ⑳平成23年度下期問20 解答と解説

2014-10-03

低圧用の機械器具を乾燥した木製の床その他これに類する絶縁性のものの上で取り扱うように施設する場合は、接地工事を省略できる。しかし、乾燥したコンクリートの床は、絶縁性のものとはみなされない。

金属管工事で使用電圧が300V以下の場合、管の長さが4m以下のものを乾燥した場所に施設する場合は、接地工事を省略できる。また、大地電圧が150V以下で管の長さが8m以下の場合は、簡易接触防護措置(金属製のものであって、防護措置を施す管と電気的に接触するおそれがあるもので防護する方法を除く)を施すとき又は乾燥した場所に施設するときはD種接触工事を省略できる。

解答  ロ. 乾燥したコンクリートの床に施設する三相200[V]ルームエアコンの金属製
       外箱部分。

問題に戻る

参考【機械器具の金属製外箱等の接地】
参考【金属管工事】


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.