電気に関する基礎理論① 電線の抵抗

2014-08-24

電線の抵抗

電線の抵抗

電線の抵抗

電線の抵抗


分かりや易くいうと電線の抵抗は電線の長さを断面積で割り、その電線の抵抗率をかけたものですね。
断面積(A)はπ(パイ)×半径の2乗なので直径(D)の半分を2乗したものです。(2つ目の式)

導体の抵抗率

銀<銅<アルミニウム<鉄

銅より銀の方が抵抗率が低いのです。ということは銅より銀の方が電気を流しやすいということですね。銀は高いので導体には殆ど使われることはないですね。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.