いま、どのくらい「電気工事士過去問」の時代なのか? 

2014-03-12

電気工事士過去問の時代ってなんのことでしょう?

さてさて、第二種電気工事士試験を一度あきらめてしまった、そんなあなたに耳寄りな情報です。
結果から言うと過去問を攻略すれば電気工事士をあきらめる必要はなくなるのです。

失敗にどのようなイメージをお持ちですか?
失敗も1つの経験であり、未来や成長につながります。悪いことばかりではなく
成長するためには必要なものでもあります。
失敗を次の成長や成功にうまく活かすことが大切です。

つまり、以前間違えた過去問を次の成長に活かし味方につけること。

成功体験を掘り起こし、そのときに自分が頑張ったこと、努力して
達成できた喜びを思い返すことができれば、自分に自信を持つことができます。

生きていれば多くの人が、成し遂げられなかった挫折感からコンプレックスを
抱えたり、対人関係で傷ついて自分に自信が持てなくなったりします。
そんなときには、自分の強みを見つけ、それを生かす方法を考えてみましょう。
そして、「自分の人生はいつでもリカバリーできる」という意識を
持っていきましょう。

ところで、平成26年度の第二種電気工事士の試験の申し込みがはじまりました。
上期の試験日は6月1日(日)です。とういことは試験まで約80日です。
いまから過去問をコツコツやっておけば、5月末には顔がニヤけていることでしょう。
第二種電気工事士の筆記試験は過去問に限ります。
過去問攻略であきらめいらず。

いまがHOTな「電気工事士過去問」の時代なのですね。


Copyright(c) 資格サポート協会 All Rights Reserved.